/

この記事は会員限定です

テスラ「高株価経営」試練

マスクCEO、目標未達多く

[有料会員限定]

米電気自動車(EV)のテスラを巡り株式市場の思惑が渦巻いている。起業家で最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスクが掲げる目標は多くが未達に終わり、ヘッジファンドに空売りの「好材料」を提供している。テスラは電池の量産や自動運転技術の開発で足踏みしている。だがマスクにはまだ使っていない「錬金術」がある。

5月29日、米カリフォルニア州で停車中の警察車両に、テスラ車両が衝突した。ほかにも停車中の消防車...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1101文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン