/

この記事は会員限定です

ヘルスケア×AI、大阪府が事業化支援

有望株10件選抜へ

[有料会員限定]

大阪府はヘルスケアに人工知能(AI)などを組み合わせた新たなビジネスの創出を支援する。スタートアップ企業や個人からビジネスプランを募り、健康ビジネスの専門知識を持つ中小企業診断士らがプランの内容向上に協力する。半年かけて優秀な10件を選抜し、その後3カ月で集中的に事業化を支援する。

「健康寿命延伸産業アクセラレータープログラム」として19日に大阪イノベーションハブでキックオフ・セミナーを開く。AI...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り307文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン