/

この記事は会員限定です

サハリンは人種のるつぼ

残留日本人らを取材し本に 後藤悠樹

[有料会員限定]

日本生まれのおばあさんがキムチを漬ける。食卓にはキムチ、白いご飯とボルシチが並び、一家はロシア語を中心に韓国語や、時折日本語も話す。サハリンの家庭でしばしば見られる光景だ。

□ ■ □

事実上ロシアの一部に

サハリン。そう言っても分からない人もいるだろう。「アフリカ?」と聞かれたこともある。「サファリ」と勘違いするのだ。サハリンは北海道の北にある島で、1905~45年に日本が樺太として南部を統治し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1553文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン