/

この記事は会員限定です

X線画像取り違え、肺がん疑い見逃す

堺の病院

[有料会員限定]

堺市立総合医療センターで、50代男性の胸部エックス線検診を担当した医師がエックス線画像を取り違えたのが原因で肺がんの疑いを見逃し、治療開始が約1年遅れたことが9日、同センターへの取材で分かった。男性は既に治療を受けて回復しており、ミスを認めたセンターとの間で示談が成立した。

センターによると、医師は2015年5月8日に撮影したエックス線の画像で、男性の胸部に陰影を確認。男性はこの1週間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン