2018年6月18日(月)

賃上げ鈍く、物価伸びず… 「高圧経済」恩恵に偏り

2018/6/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 かつてのバブル経済は、日銀による金融引き締めの遅れが一因となった。今も街角の一部にバブルの香りが漂い始めたが、日銀が大規模な金融緩和をやめる雰囲気はない。企業で働く中間所得層の賃金は株式や土地ほど上がらず、経済の体温と言える物価の伸びが鈍いためだ。副作用に目をつぶりながら、金融緩和を続けざるを得ない状況にある。

 最新の物価を映す5月中旬の東京都区部の消費者物価指数は、値動きの激しい生鮮食品とエネ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報