/

この記事は会員限定です

TPP「新政権で再検討」

マハティール首相会見 「弱い国守る機会を」

[有料会員限定]

【クアラルンプール=中野貴司、岩本健太郎】マレーシアのマハティール首相が日本経済新聞との会見で、米国を除く環太平洋経済連携協定(TPP)参加11カ国の新協定「TPP11」の見直しの必要性に言及した。経済力の弱い国への配慮を主張。米国の離脱後、2017年11月にようやく合意にこぎつけたTPP11に再び懸念が浮上した。(

1面参照

マハティール氏は前政権が推進、署名したTPP11について「マレーシア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1420文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン