2019年2月16日(土)

薬の費用対効果、厚労省が調査見送り 「命の値段」に異論 薬価下げに影響も

2018/6/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

厚生労働省は薬の費用対効果を測る基準作りのために予定していた調査を見送る。延命治療にいくらまで公的医療保険から支出すべきかを質問し、薬価を下げる際の基準作りに活用する計画だった。だが「命の値段」を聞くかのような質問案に医療関係者らの合意を得られなかった。今後の薬価見直しの作業に影響する可能性がある。

6月13日に開く中央社会保険医療協議会(中医協、厚労相の諮問機関)で新規調査の見送りを表明する。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報