HEROZ、13%増益 今期単独税引き 将棋アプリ伸びる

2018/6/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

人工知能(AI)を開発するHEROZは8日、2019年4月期の単独税引き利益が前期比13%増の2億8000万円になる見込みと発表した。最年少プロ、藤井聡太七段の活躍など将棋ブームを受けスマートフォン向け将棋アプリの利用者が伸びる。企業へのAI技術の提供も金融やゲーム業界向けが増える見通し。売上高は13%増の13億円を目指す。

同日発表した18年4月期の単独決算は売上高が前の期比32%増の11億円…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]