はしか 尾を引く対策遅れ
ワクチン1回接種の30代、感染多く

2018/6/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

全国ではしかの感染が広がっている。国内土着のウイルスによる感染がない「排除状態」だった日本で、患者数は今年は既に160人を超えた。旅行者が海外から持ち込んだ「輸入感染」を防げず、ワクチンの定期接種が1回だった30代を中心に感染が拡大。欧米では1980年代から2回接種を導入したが、日本の実現は2006年までずれ込み、ワクチン行政の停滞が今も尾を引く。

15年には「排除」

「沖縄に行く用事があり、念に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]