/

この記事は会員限定です

仮想通貨業者、健全化へ強制退場

金融庁、初の登録拒否

[有料会員限定]

金融庁は7日、仮想通貨交換業者のFSHO(エフショー、横浜市)の登録を拒否したと正式発表した。交換業者の登録拒否は初めてで、事実上の「強制退場」となる。犯罪の疑いがある取引などが複数発覚。再三の業務改善命令にもかかわらず十分対応せず、内部管理体制に不備があると判断した。今回の措置で業務停止命令を受けていた全てのみなし業者が撤退する。金融庁は健全な取引環境の整備を進める。

FSHOは改正資金決済法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り408文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン