/

この記事は会員限定です

名作フィルムを再生する

「ゴジラ」など劣化進む作品、デジタル技術と肉眼で修復 加藤良則

[有料会員限定]

「レストア」という言葉をご存じだろうか? 老朽化した自動車などを修復し、復活させる作業を意味する。私がレストアしているのは映画やテレビのフィルムだ。過去の名作を収めたフィルムは、時間を経るとともに劣化が進んでいる。最新のデジタル技術を使って、できる限り作品が製作された当時の状態に戻すのが私の仕事だ。

これまで黒澤明監督の「生きる」や「七人の侍」、本多猪四郎監督の「ゴジラ」「キングコング対ゴジラ」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1578文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン