/

この記事は会員限定です

東電、半身の原電支援

東海第2原発の安全投資資金問題 官民、にじむ先送りの構図

[有料会員限定]

日本の原子力産業のパイオニアである日本原子力発電(原電)の経営問題がくすぶっている。主力の東海第2原子力発電所(茨城県東海村)再稼働に向けた展望が開けないためだ。原子力規制委員会が求める安全投資資金の確保では、東京電力ホールディングス(HD)などの支援表明を取り付けたが、東電にはどこか及び腰の姿勢もにじむ。

「ほかの会社の原発支援に回す金があるなら廃炉・賠償・電力料金の引き下げに回せ」。東電HD社長の小早川智明(54)を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1448文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン