/

この記事は会員限定です

豚肉にもトランプショック?

米国産流入、下げ圧力に

[有料会員限定]

トランプ米政権を起点とする貿易摩擦が国内外の豚肉市況にも影響を及ぼしそうだ。メキシコ政府は米国による鉄鋼・アルミニウムの輸入制限への報復措置として5日、豚肉などを含む米国産品の追加関税リストを公表した。米国産豚肉に20%の追加関税を課すとしている。余剰となった米国産が流入すれば日本の卸値の下げ圧力となりそうだ。

米農務省によると、米国にとってメキシコは豚肉輸出量の約3割を占める最大輸出先だ。メキシ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン