/

この記事は会員限定です

高所の作業、より安全に

安全帯「フルハーネス型」着用義務化

[有料会員限定]

高所作業時に使用する安全帯について、厚生労働省は2022年から、肩やももなど複数の箇所で体を支える「フルハーネス型」の着用を義務化する。広く普及しているのは「胴ベルト型」で、宙づりになった際に腹や胸を圧迫されて死亡する事故が相次いでいた。

厚労省は月内にも労働安全衛生法に基づく省令や告示などを改正する。

同省によると、2006~15年に建設現場の足場などから転落、安全帯で宙づりになった事故の死亡...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り321文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン