道筋見えぬトルコ経済 地政学リスクも重荷

2018/6/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

トルコとアルゼンチンは1980年代、経済面でうり二つだった。国際収支、通貨危機、国際通貨基金(IMF)の融資条件などそっくりだった。最近、両国は再び似た状況に陥ったが、今回はアルゼンチンのほうがまだましのようだ。

5月は不穏な月だった。トルコリラ、アルゼンチンペソともに2桁下落し、両国の中央銀行は利上げに動いた。過去3年間続く経常赤字拡大、債務の累増――。こうした事態を引き起こした「テーパー・タ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]