/

この記事は会員限定です

脳疾患薬、候補物質を開発 新潟大、老廃物の排出促進

[有料会員限定]

新潟大学は脳疾患の症状を改善する薬剤候補となる新たな化合物を開発した。脳内の水の流れを円滑にすることで、疾患の要因となる老廃物の排出を促進させる。アルツハイマー病やパーキンソン病などの新たな治療法の開発につながる可能性がある成果だ。

アルツハイマー病などの脳疾患は異常なたんぱく質などの老廃物が脳に蓄積、滞留するのが一因と考えられると従来の研究で分かっている。

五十嵐博中教授らの研究グループは脳の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り288文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン