2019年6月18日(火)

米加、関税で対立先鋭化 NAFTA再交渉空振り
G7首脳会議、紛糾の可能性

2018/6/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米政権の強硬な通商政策を巡り、隣国カナダとの対立が先鋭化している。5月末に首脳会談を開いて北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で合意する構想は実現に至らず、米国は関税を発動。カナダは報復関税を打ち出し、トランプ大統領が反論する事態となっている。両国の対立はG7(主要7カ国)の結束やNAFTAの先行きに暗い影を落とす。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報