/

この記事は会員限定です

米加、関税で対立先鋭化 NAFTA再交渉空振り

G7首脳会議、紛糾の可能性

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米政権の強硬な通商政策を巡り、隣国カナダとの対立が先鋭化している。5月末に首脳会談を開いて北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で合意する構想は実現に至らず、米国は関税を発動。カナダは報復関税を打ち出し、トランプ大統領が反論する事態となっている。両国の対立はG7(主要7カ国)の結束やNAFTAの先行きに暗い影を落とす。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り739文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン