/

この記事は会員限定です

時価総額 アステラス、武田を逆転

大型買収に懸念根強く

[有料会員限定]

5日の東京株式市場でアステラス製薬の時価総額が武田薬品工業を越えた。2016年8月以来、約1年10カ月ぶりの逆転になる。武田は7兆円弱でアイルランド製薬大手シャイアーの買収を決めた。市場では財務悪化や将来の成長性に対する懸念がなお根強く、武田から他の製薬株に資金が移動しているようだ。

武田株の5日終値は前日比53円(1%)高の4296円と3日ぶりに反発したものの、前日までは連日で年初来安値を更新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り461文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン