/

この記事は会員限定です

島民の問題解決に奔走

佐渡ひまわり基金法律事務所所長 伝田真梨絵氏

[有料会員限定]

法律家が少ない「弁護士過疎」を解消しようと、2008年にできた公設の佐渡ひまわり基金法律事務所(新潟県佐渡市)。公募で4代目の所長となった伝田(でんだ)真梨絵さん(33)は、6月で就任3年目に入った。金銭問題などに関して島民からの相談に応じる傍ら、高齢者らの資産管理にあたる後見人制度の普及に力を入れる。

――日ごろの活動について教えて下さい。

「平日に予約制で相談を受け付けている。料金は初回が5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り802文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン