/

この記事は会員限定です

アジアで点眼薬拡販

参天製薬、インドにも進出 中計発表

[有料会員限定]

参天製薬は4日、2020年度を最終年度とする中期経営計画を発表した。日本を除くアジアを重点地域と位置づけ、20年度までの売上高の年間平均成長率を16%以上とする。中国や韓国、東南アジアで点眼薬などの販売を拡大するほか、インドにも進出する。

アジアのうち中国では製品の取り扱い病院を増やし、ほかの市場では継続的に新製品を投入して2桁成長を目指す。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り174文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら初回2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン