/

この記事は会員限定です

増える「自治体電力」

官民で運営 収益使い地域活性化

[有料会員限定]

自治体が出資して官民で運営する地域電力会社の設立が相次いでいる。5月末時点で29社とこの1年で約4割増えた。地域の太陽光や風力といった再生可能エネルギーを地産地消し、雇用創出や住民サービスにつなげており、電力事業の収益で交流施設を運営する会社もある。ただ大手電力などとの競争は激しく、利益確保に苦しむ企業もある。

熊本県と佐賀県の県境にほど近い福岡県みやま市。人口約4万人の地方都市に、地方議員や自...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン