/

この記事は会員限定です

米朝会談、6月12日に再設定

トランプ大統領、複数回開催の可能性示唆

[有料会員限定]

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は1日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長と当初の予定通り6月12日にシンガポールで会談すると発表した。いったん中止を決めていた首脳会談を再び設定するのは極めて異例。ただ、米朝で隔たりがある非核化の進め方で歩み寄りがあったかは不透明で、12日の開催までさらに曲折を経る可能性もある。(関連記事総合面に

トランプ氏が正恩氏の側近、金英哲(キム・ヨンチョル)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り837文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン