手術ロボにも得手不得手
医師を支援「代わり」は果たせず 説明聞き特徴理解を

2018/6/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米インテュイティブサージカルの手術支援ロボット「ダヴィンチ」による心臓病や胃がんなどの12種類の手術が今年4月、保険適用となった。普及に弾みがつきそうだが、腕の悪い医師でも上手に手術できるようになるわけではない。ロボットには得手不得手もあることを知っておきたい。

ダヴィンチは外科医の代わりにはならない。多関節アームを備えた本体や制御装置からなり、遠隔操作できる腹腔(ふくくう)鏡手術などの「支援シ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]