/

この記事は会員限定です

喫煙率

北海道首位、東北続く 奈良など西日本下位

[有料会員限定]

厚生労働省が2017年に公表した16年国民生活基礎調査を基に国立がん研究センターが算出した都道府県別の喫煙率が最も高いのは北海道(24.7%)だった。北海道は6回連続の1位。2位以下は青森(23.8%)、岩手(22.6%)と東北地域が続いた。自治体や飲食店の受動喫煙対策の遅れや、生活習慣などが要因とみられる。下位には奈良や京都、徳島などが西日本が並んだ。

北海道と東北地域は、人口に対する土地面積の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り440文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン