企業統治指針、東証が改定・適用 株持ち合い削減促す・取締役に女性や外国人

2018/6/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京証券取引所は1日、上場企業に適用する企業統治指針(コーポレートガバナンス・コード)の改定版を公表した。企業が互いの株式を持ち合う政策保有株の削減を促し、経営トップの選任や解任の手続きに透明性を求める。取締役会の多様化に向けて女性や外国人などの活用を明記した。1日から即日適用し、今年12月までに取り組み状況の開示を求める。(関連記事総合4面に

企業統治指針は金融庁と東京証券取引所が2015年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]