/

この記事は会員限定です

〈法トーク〉著作権侵害、個人増える

弁護士 長谷川俊明氏

[有料会員限定]

長谷川俊明弁護士は、世界的に人気のウサギのキャラクター「ミッフィー」の知的財産管理の日本での代理人を長く務めている。「かつては著作権などを侵害するのは模倣品業者が中心だったが、最近は個人による侵害行為が増えている」と指摘する。個人が手軽に物品を売買できるフリマアプリなどの普及で、キャラクターを勝手に使った手作り品を販売しやすく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り165文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン