/

この記事は会員限定です

国際仲裁を活性化 啓発活動などで官民連携

[有料会員限定]

企業間の国際的なビジネス紛争を裁判以外の方法で解決する国際仲裁や国際調停の活用策を巡って、官民の連携が加速している。法務省は法律事務所と共同で啓発イベントを開いたほか、海外の仲裁機関に職員を派遣してノウハウを吸収する人材育成策も始めた。大阪市には国内初の国際仲裁の専用施設も開業しており、ソフトとハード両面で環境整備が進む。

5月25日、東京都内で法務省や外資系の法律事務所などが主催する「国際模擬仲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り642文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン