2018年6月23日(土)

ブラジル産鶏肉が値上がり
運転手スト、供給懸念広がる コーヒーや砂糖にも波及

2018/6/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 ブラジルの大規模ストライキの影響が農畜産物の価格に表れ始めた。物流網のまひで飼料用穀物の輸送が止まり、家畜が餓死したり、一部の食肉加工施設で食肉処理を停止したりする動きが出ている。日本ではブラジル産鶏肉の価格が供給懸念から上昇。ブラジルが主要産地のコーヒーや砂糖の国際価格も上昇するなど影響が広がっている。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報