/

この記事は会員限定です

理想の働き方模索

サラリーマン川柳が映す課題

[有料会員限定]

働き方改革関連法案が成立すれば、企業は労働時間を減らしながら収益を上げることが求められる。一言に生産性向上といっても、理想の働き方は千差万別。第一生命保険がまとめた「サラリーマン川柳」に表れる世相をまじえ、苦悩しながら最適解を探る企業や働き手の取り組みを追う。

人減らし 「定時であがれ 結果出せ」…生産性向上

日本生産性本部によると、日本の1人当たりの労働生産性は主要7カ国(G7)で最も低い。生産性を高めるには労働時間を減らしたり売上高を増やした...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1928文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン