2019年8月18日(日)

理想の働き方模索
サラリーマン川柳が映す課題

2018/6/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

働き方改革関連法案が成立すれば、企業は労働時間を減らしながら収益を上げることが求められる。一言に生産性向上といっても、理想の働き方は千差万別。第一生命保険がまとめた「サラリーマン川柳」に表れる世相をまじえ、苦悩しながら最適解を探る企業や働き手の取り組みを追う。

■人減らし 「定時であがれ 結果出せ」…生産性向上

日本生産性本部によると、日本の1人当たりの労働生産性は主要7カ国(G7)で最も低い。生…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。