民泊、ホテルの価格競争促す
宿泊料、昨年度9%低下

2018/5/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

住宅に旅行者を有料で泊める民泊が6月、正式に解禁される。日本ではすでに6万件以上の物件が民泊サイトに登録され、ビジネスホテルなどが対抗して宿泊料を下げる動きが加速。競争激化などで国内の平均客室単価は約9%低下した。JTBなど大手旅行会社も参入するなど市場は広がる見通しだ。消費者の選択肢が広がるほか、訪日外国人の受け入れ能力の拡大が期待される。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]