/

この記事は会員限定です

厚労省、高齢者の減薬に指針

多剤処方の副作用防ぐ

[有料会員限定]

厚生労働省は30日までに、高齢者が医薬品を適正に使うための医師や薬剤師向けの指針を作成した。高齢者は複数の持病を抱えて多くの薬を使用しがちなため、指針では多剤処方による主な副作用を提示。薬の影響での副作用が疑われる場合は減量や使用中止を求めている。

厚労省は29日付で都道府県などに医療機関に指針を周知するよう求める通達を出した。

指針では、ふらつきや食欲低下など高齢者でよくみられる副作用である「老...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り291文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン