漢方薬やヨガなど効果も

2018/5/30付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)の治療法は「医療機関によって選択される内容にばらつきがあり、手探り状態が続いている」(遊道和雄・聖マリアンナ医科大学教授)という。遊道教授は日本疲労学会で19日、ME/CFSの治療ガイドラインの検討状況を説明。国内外の論文情報によると、治療法の勧奨レベルのうち、上位の「強く勧められる」と「勧められる」に該当するものは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]