/

この記事は会員限定です

宇宙ステーションから超小型衛星放出 JAXA、2社に移管

三井物産とスペースBD

[有料会員限定]

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は29日、国際宇宙ステーション(ISS)から超小型衛星を放出する事業を三井物産と宇宙利用ベンチャーのスペースBD(東京・中央)に移管すると発表した。2社は独自の料金設定で衛星を引き受け、2018年度末にも宇宙に放つ。新たな宇宙ビジネスとして需要拡大を目指す。

記者会見した宇宙飛行士の若田光一JAXA理事は「2020年には年100基の放出を目指す。民間ならではの発想で独自のビ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り579文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン