イタリア国債急落 長期金利一時3.4% 政局混乱を懸念

2018/5/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ジュネーブ=細川倫太郎】金融市場でイタリアの国債や株式への売りが止まらない。ポピュリズム(大衆迎合主義)政党「五つ星運動」と極右「同盟」は大統領主導の実務者内閣を拒否し、早期の再選挙を要求した。混乱の長期化による経済停滞を嫌気し、イタリア10年物国債価格は急落。利回りは2014年3月の水準にまで上昇した。

イタリア10年物国債利回りは29日に一時3.4%近辺に上昇し、4年2カ月ぶりの高水準を付…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]