/

この記事は会員限定です

イタリア国債急落

長期金利一時3.4% 政局混乱を懸念

[有料会員限定]

【ジュネーブ=細川倫太郎】金融市場でイタリアの国債や株式への売りが止まらない。ポピュリズム(大衆迎合主義)政党「五つ星運動」と極右「同盟」は大統領主導の実務者内閣を拒否し、早期の再選挙を要求した。混乱の長期化による経済停滞を嫌気し、イタリア10年物国債価格は急落。利回りは2014年3月の水準にまで上昇した。

イタリア10年物国債利回りは29日に一時3.4%近辺に上昇し、4年2カ月ぶりの高水準を付...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り513文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン