/

この記事は会員限定です

イタリア政局、欧州の火種に

新首相候補に親EU派、議会は反発

[有料会員限定]

【ジュネーブ=細川倫太郎】イタリアのマッタレッラ大統領は28日、国際通貨基金(IMF)元高官のカルロ・コッタレッリ氏を次期首相候補に指名し、組閣を命じた。同氏は欧州連合(EU)が求める緊縮財政路線に理解を示す親EU派として知られる。反EUを掲げて新内閣発足を目指してきた議会多数派は一斉に反発し、再選挙は避けられない情勢だ。着地点はなお見えない。

コッタレッリ氏は同日、大統領との会談後、記者会見し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1121文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン