イタリア政局、欧州の火種に
新首相候補に親EU派、議会は反発

2018/5/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ジュネーブ=細川倫太郎】イタリアのマッタレッラ大統領は28日、国際通貨基金(IMF)元高官のカルロ・コッタレッリ氏を次期首相候補に指名し、組閣を命じた。同氏は欧州連合(EU)が求める緊縮財政路線に理解を示す親EU派として知られる。反EUを掲げて新内閣発足を目指してきた議会多数派は一斉に反発し、再選挙は避けられない情勢だ。着地点はなお見えない。

コッタレッリ氏は同日、大統領との会談後、記者会見し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]