/

この記事は会員限定です

免疫利用、延命に効果

[有料会員限定]

▼CAR-T療法 がんを攻撃する「T細胞」と呼ぶ免疫細胞を患者本人から取り出し、遺伝子を改変して攻撃力を高めたうえで薬にし、体内に戻してがんを退治する治療法。スイスの製薬大手ノバルティスが2017年に、米国で急性リンパ性白血病を対象とした医薬品「キムリア」で世界で初めて製造販売の承認を得た。

従来の治療法では数カ月しか生きられない血液がん患...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り173文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン