2018年9月21日(金)

強制不妊で国提訴 優生政策 解明と検証を 立命館大学大学院 先端総合学術研究科教授 松原洋子氏に聞く

2018/5/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 知的障害者らに不妊手術を強制していた戦後の旧優生保護法に基づく優生政策の実態が明らかになりつつある。被害者が国を相手取って訴訟を起こしたことがきっかけだ。優生思想をどう考えるべきか、立命館大の松原洋子教授に聞いた。

 ――提訴の動きをどうみていますか。

 「9歳の子供を対象にしたり、強制手術に必要な医師の調査書が添付されていなかったり、審査内容の記述が非常に簡易だったりと、おざなりな例が判明している…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報