/

この記事は会員限定です

母校憂う卒業生

「危機管理の意識低い」「過程より結果に固執」

[有料会員限定]

反則行為の指示の有無を巡り、反則をした選手と前監督、元コーチの主張が食い違う日本大学。大塚吉兵衛学長は25日の記者会見で「失墜した信頼を回復すべく真摯に取り組みたい」と厳しい表情を見せた。日大卒業生や他大学の部員の保護者は一連の問題をどうみているのか。

日大芸術学部出身でマーケティングライターの牛窪恵さん(50)は「アメフト部は学生時代から憧れの的。日大ブランドの価値が下がり、あまりにも残念」と嘆...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り526文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン