2019年1月19日(土)

日本版「司法取引」導入(6月1日)
検察、定着へ慎重運用

2018/5/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

他人の犯罪を明らかにすれば見返りに罪が軽くなる日本版「司法取引」が6月1日から導入される。脱税や談合、粉飾決算など幅広い経済犯罪が対象となり、新制度がどのように運用されるのか、企業の関心は高い。「無実の人を巻き込む恐れがある」といった懸念の声もあり、検察当局は"新たな武器"を慎重に運用していく方針だ。

「社内規定で社員が勝手に司法取引に応じないよう義務付けることはできるのか」「会社は取引の主体に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報