/

この記事は会員限定です

政と官の関係を問い直す 慶応義塾大学教授・土居丈朗

[有料会員限定]

安倍晋三内閣における政と官の関係について国民の不信はなお払拭できていない。政と官のあり方は、経済政策の形成過程にも強く影響を及ぼすだけに、論壇でも議論が盛んだった。

政策研究大学院大学教授の竹中治堅氏(中央公論6月号)は、日本の議院内閣制の特徴に着目し、目下の政官関係の問題をあぶり出す。学界では、議院内閣制をコンセンサス型とウェストミンスター型とに分ける議論が有力だ。コンセンサス型の特徴は、連立内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン