/

この記事は会員限定です

VRで透明人間感覚 複雑な動き学ぶ新手法に

豊橋技科大など

[有料会員限定]

豊橋技術科学大学の北崎充晃教授と大学院生の近藤亮太氏らは、東京大学や慶応義塾大学と共同で、ゴーグル型の画像表示装置(HMD)を使い、自分が透明人間になったかのように感じられる仮想現実(VR)の新技術を開発した。舞踊などの動きを学習するシステムなどに応用を見込んでいる。

実験協力者がHMDを装着すると、本人の2メートル前に手袋と靴下だけが画面に映し出される。協力者の動きを専用のセンサーでとらえ、手足...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り291文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン