/

この記事は会員限定です

フェイスブック問題を考える(上)個人情報という「通貨」寡占

問われる人間の自由意思 岡嶋裕史・中央大学准教授

[有料会員限定]

交流サイト(SNS)大手の米フェイスブックが曲がり角にきている。フェイスブックは利用者に愛されてきた企業だった。フェイスブックの機能を十分に利用するためには、自分の個人情報を委ねる必要がある。利用者はその求めに応じ、これまでは喜んで個人情報を預けてきた。

以前にも予兆はあった。フェイスブックが2012年ごろ、感情を操作する実験をしたとされる問題である。特定の人には楽しい情報を、別の人には悲しい情...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2767文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン