/

この記事は会員限定です

社会の課題解決 演劇界が導く

学生・高齢者向けに講座 叱らず自己肯定感育成

[有料会員限定]

学校や病院に出かけたり、高齢者や認知症患者を劇場に招いたりする取り組みが演劇界で盛んになってきた。「社会包摂活動」と呼ばれる。社会的課題に向き合う演劇人の動きを追った。

「果敢に挑んで失敗するのは楽しいでしょう」

今月10日、岐阜県立羽島高校。1年生を相手にイスとりゲームなどを文学座チームが手がけた。リーダーの俳優、瀬戸口郁氏は生徒を巧みにのせていく。協力し合わないと失敗するシアター・ゲームは、俳...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1624文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン