難治がん ウイルスで退治
国立がん研・鳥取大や杏林大 免疫療法と併用も

2018/5/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

感染症を引き起こすウイルスを改造し、がん細胞だけを破壊して治療する技術が相次いで開発された。国立がん研究センター研究所や鳥取大学はそれぞれ、現在の医療では治療が困難な膵臓(すいぞう)がんに対する効果を動物実験で確かめた。杏林大学は画期的な治療法と話題のがん免疫療法と組み合わせて効果を高めた。副作用も抑えられる。「がんウイルス療法」は抗がん剤が効かない転移・再発したがんの新たな治療法として実用化を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]