/

この記事は会員限定です

企業内弁護士、10年で10倍に

個人情報や知財で需要 人材育成・待遇に課題

[有料会員限定]

企業で働く弁護士が増えている。いわゆる「企業内弁護士」の数は2017年末時点で2000人を突破し、10年で約10倍になった。個人情報の取り扱いや知的財産など、法務のスキルを求められる場面が広がる。ただ法務のプロが経営幹部の一角を占めることが多い欧米に比べると、人材育成や待遇には課題もある。

(辻隆史)

M&Aにも対応

ヤフーには弁護士資格を持つ社員が約30人いる。インターネットの検索から通販、オークションなど、法律...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン