/

この記事は会員限定です

ホンダ中国開拓、リスクより成長

CATLとEV電池 知財共有どこまで

[有料会員限定]

ホンダは電気自動車(EV)の主力モデルに使う新型電池を車載用で世界最大手の中国・寧徳時代新能源科技(CATL)と共同開発する。世界のEV市場の中心になる中国で、地元のCATLをパートナーに選ぶのはホンダにとって自然な選択肢だった。技術流出などへの警戒感が根強いなかでも現地勢と向き合う経験は、二輪ビジネスを手始めに重ねてきた。

1990年代後半、中国で好調だったホンダの二輪事業は一転して、現地メー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り929文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン