2019年2月17日(日)

ホンダ中国開拓、リスクより成長 CATLとEV電池 知財共有どこまで

2018/5/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ホンダは電気自動車(EV)の主力モデルに使う新型電池を車載用で世界最大手の中国・寧徳時代新能源科技(CATL)と共同開発する。世界のEV市場の中心になる中国で、地元のCATLをパートナーに選ぶのはホンダにとって自然な選択肢だった。技術流出などへの警戒感が根強いなかでも現地勢と向き合う経験は、二輪ビジネスを手始めに重ねてきた。

1990年代後半、中国で好調だったホンダの二輪事業は一転して、現地メー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報