/

この記事は会員限定です

ランキングで読む日本株式会社(4)薬・通信、効率よく現金稼ぐ

昨年度、投資や還元の原資に

[有料会員限定]

多くの日本企業が2017年度に利益を伸ばした中で、企業を選ぶ視点の一つが現金を稼ぐ効率だ。将来に向けた投資や株主への利益還元の原資をいかに確保しているのか。売上高営業キャッシュフロー比率をみると、上位には医薬品や通信会社が並んだ。

塩野義製薬は売上高が3446億円で1297億円の営業キャッシュフローを稼いだ。抗エイズウイルス(HIV)薬の製造・販売権を英社に与えている。売れ行きなどに応じたロイヤ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り495文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン