スポーツ史上まれな不祥事だ

2018/5/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

故意による傷害事件の疑いが強まった。スポーツ史上、前代未聞の不祥事である。

アメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦で、日大の選手がプレー中断後、無防備な関学大の選手に背後からタックルして負傷させた問題だ。

自責の念にさいなまれた日大選手が、反則行為は「相手を潰せ」という同大アメフト部の内田正人前監督とコーチの指示だったと告白した。「相手がケガをして試合に出られなかったら得」との発…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]