/

この記事は会員限定です

スマホ操作は?事故の責任は? 自動運転ルール作り始動

警察庁など、道交法改正含め議論

[有料会員限定]

自動運転の実用化に向けた警察庁のルール作りが本格的に始まった。条件付き自動運転(レベル3)での走行中にスマートフォン(スマホ)の操作やテレビ視聴、読書を認めるか、あるいは事故を起こした場合に誰が責任をとるかなど、論点は多岐にわたる。レベル3は2年後にも実用化する見通しで、迅速な検討が必要となる。

警察庁は22日、学識経験者らによる調査検討委員会の今年度の初会合を開いた。海外視察やメーカーのヒアリン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り640文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン